FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
3/10(金)小雨★次男の都立高校卒業式
都立高校卒業式&都市整備費・土木費・教育費今日は次男の都立高校卒業式です。私は予算委員会で出席できず。その息子が、今朝出駆けに「父さん・母さんありがとう!」って。成長したなあ~と夫婦で話しました。妻が卒業式に参加。今夜、日韓友好議員連盟と民団の懇親会のため、夜の謝恩会も妻が出席。

予算委員会都市整備費・土木費・教育費の款別審議。
〝先鋒〟高橋議員●学園通り整備事業―帝京平成大学をH21年までに。それ以降、立教大学、東京音楽大学に取り組む。裏側の路地を含め、デザイン性、機能性を重視して学園都市らしく整備していく。●公明党が提案し実現した目白庭園ほたるの里事業、目白地域ブランドの一環として取り組む。友好都市から幼虫を提供して貰うとか検討されたい●学校の安全対策-オートロック整備の都補助への交渉。●新たな地域安全マップ―生徒と教師の共同作成を今年中に行う。●PTA等のボランティアパトロールについて学校とPTAと地域の間に入ってコーディネートが必要。●特別支援教室-高南小、豊成小でモデル実施。4年間で全校設置のため本年度のモデル2校を検証していく。
〝次鋒〟中島議員は、新規事業の耐震診断改修経費について、国、都の補助、区の負担を確認。3件ではあるが木造住宅密集事業など地域限定の地区計画と合わせて更なる防災街づくりに大いに活用する事。

他会派からは教育費について、自民党から子ども権利条例反対の立場から、この条例が教育現場で混乱するおそれがあるとし、例えば私立学校は建学の精神、私学の独自性がありが、この条例が施行されると私学の独自性に踏み込んでしまう事になる。
道徳教育と人権教育は180度違う、矛盾した教育になってしまう。憲法には子どもを権利の主体としていない。(よって子ども権利条例は憲法違反にもつながる。)。
フランスの学者が不完全な子どもに安易に権利を認めるべきではない。それを悪用したのがヒトラー、ポルポトである。
この条例を率先して賛成しているのは教職員団体でる。教育現場に間違った権利を植えつけようとしている、絶対反対。
等の意見に教育委員会から①人間が生きていく上での内面を育てる事を道徳教育で行っており、人間は生まれながらにして皆平等ということを教える。両方とも大切な事であり、矛盾することはない。

というやりとりが行われました。
目白庭園-ほ、ほーホタル来い



続きを読む >>
スポンサーサイト



議会 | 12:55:00 | Trackback(0)