FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
8/2(水)晴れ‐東吾妻町ホタルの里
群馬県東吾妻町「ホタルの里」「ぐんまグリーン・ツーリズム体験in嬬恋」等、見学

東東吾妻町ホタルの里地図2




関東地方は涼しい夜☆群馬県東吾妻町ホタルの里等見学してきました。

 広大な敷地に数多くのヘイケホタル☆我が豊島区立目白庭園の〝ホタルの里〟事業とは、規模に於いて比べ物になりませんが、古くから日本人の心に語りかけてきた〝ホタル〟によせる日本人の郷愁を感じて来ました☆
十数年前から、永年培われてきた自然そのままのホタルを保護し町の活性化に繫げる試みとして、住民と町が協働して立ち上げました。保護地は全部で、3ヶ所あり、約1.000匹のホタルの住み良い環境を守るために、地区住民を中心した「ホタル保護の会」が川の清掃などを行ない、ホタルと人間が共存できる環境づくりが功を奏し、来街者に喜ばれています。
 見ごろはゲンジボタルが6月中旬~下旬。ヘイケボタルが7月初旬、午後7時30分~午後8時30分が多く、気温に大きく左右されます。雨天や肌寒い日は発生しません。月夜野市のホタル事業に及ばないものの、この時期1万人くらいの来街者がこられるようです。
やはり以下の注意書きがありました「ホタルは明かりを嫌います。懐中電灯などはホタル発生場所には向けないでください。通常の撮影方法ではホタルを撮ることは出来ませんので、カメラのフラッシュはたかないようにしましょう。」

 
その他、嬬恋町の「ぐんまグリーン・ツーリズム体験in嬬恋」・・・農山漁村などに長く滞在し、農林漁業体験やその地域の自然や文化に触れ、地元の人々との交流を楽しむ旅のことで、農山村に住む人々にとっても、都市に住む人々との交流により地域が活性化され、農山村の良さを生かしたむらづくり。について関係者の方から取材をしました。
昨年は9月23日(金)~24日(土)の2日間
◎太古の浪漫・縄文生活体験コース(白根高原観光協会)
◎浅間山と共に生きる。浅間山噴火の歴史と火映撮影(浅間高原観光協会)
◎自然を楽しもう!浅間高原の散策とキャベツの収穫(浅間高原観光協会)
 都会と農村の交流について、相互のニーズがあることは事実であり、いかに持続し、発展させていくかは、ある程度の労力と忍耐は当然のことならがら、都会と農村それぞれの民間の商工会、商店会、大学等教育機関の方々のご協力がかかせません。
 今年も浅間高原観光協会さんが昨年と同様に群馬県主催で9/23~24の日程で行われ、特に小規模農家が多い同地域の土地柄の環境の中、「棚田(段々畑)」の作業は高齢者には厳しい現実があり、都会からの労働力を供給できないか?という実験を行うため、古い無人民家を改築し、友好都市である千代田区の明治大学のゼミの学生さんと協働で数年かけて行うそうです。




スポンサーサイト



地元豊島区を離れて | 20:48:48 | Trackback(0) | Comments(0)