FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
9/20(日)晴れ-秋晴れ
 秋晴れです。
wagayaohana
wagayaohana2

八ッ場(やんば)ダムの建設中止を表明した前原国土交通相が、23日に地元の群馬県長野原町で予定している住民との意見交換会について、町は19日、「中止ありきのままでは出席できない」として、白紙の状態で話し合うよう求める要請書を前原国交相に送付しました。
 前原国交相は17日、就任記者会見などで中止を明言し、「地元の話をうかがった上で、党の考え方として決めた」と説明。23日に現地を視察し、生活再建に向けて自治体関係者との懇談や住民との意見交換会を行う予定になっていました。
 しかし、町が19日、地域代表らを集めて対応を協議したところ、「大臣に話を聞かれた覚えはない」「方針を決めてから来ても、対話したことにならない」などと反発する意見が続出。事前に国交相の考えを確認するため、高山欣也町長名で要請書を送付し、22日までの回答を求めました。

 高山町長は「中止方針が決まったままでは、地元の声を聞いたという実績づくりにすぎず、利用されるようなもの。その場合はボイコットする」と述べた。町長自身は、住民との意見交換会の前に行われる自治体関係者との懇談に大沢正明・群馬県知事らとともに出席し、中止撤回を求めるということです。当然の主張だと思います。
 現政権の何人がこの10年、20年に亘って進めてきた地元、長野原・八ッ場に足を運び、「建設反対」を訴えてきたのか?選挙目当てで急に取り上げるのはいいが、地元の方とどれだけ会って話したか??政治家としての資質が問われると思います。
furukawa

 ポスター撤去後の壁のご要望をお受けしました。

プロ野球セリーグ。3位争いが熾烈、阪神・広島・ヤクルトCS目指しラストスパート。
田舎の親父から新米を送ってもらいました。元気で毎日、車を運転してお袋の顔を見にいくそうです。元気なのはいいのですが・・・車の運転は気をつけないと・・・
jirousanshizusan
 子育て家庭の相談。保育園待機児の対応は急を要します。

*木下広公式サイト 
*きのちゃん「ITテキパキ通信」
*長橋けい一HP
◎公明新聞-最新ニュース
◎豊島公明区議団HP「SUNシャイン豊島」


スポンサーサイト



日々の出来事 | 11:56:47 | Trackback(0) | Comments(0)