FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
9/23(木・祝)雨-広報段取り、打ち合わせ、会議挨拶
朝広報の件で登庁。業者、エンジニアさんにデーター送信。10時過ぎから強い雨が降ってきました。
ame100923
車対応し夕方から打ち合わせ。夜は会議で、ごあいさつさせていただきました。「34歳で公認決定してから4期15年間、50歳になって、5期目の挑戦。皆様に育てて戴いたご恩返しをしていきます。地域広布の捨石の原点を忘れず頑張る」。
終了後、広報宣伝物の作業、業者と打ち合わせ。出稿作業。

●中日、阪神に惜敗。巨人も敗れる。
横山久美(17東京・十文字高)世界舞台で大活躍
スポニチ記事
“リトルなでしこ”が日本サッカー史上初の世界一に王手をかけた。U―17女子W杯は21日、トリニダード・トバゴで準決勝を行い、日本はFW横山久美(17=東京・十文字高)の“6人抜き”決勝ゴールなどで2-1と北朝鮮に逆転勝ち。年代別を含めたFIFA主催の世界大会で日本女子初の決勝進出を果たした。男子は2度の準優勝が最高で、日本勢初の頂点を目指して25日(日本時間26日)の決勝で韓国と対戦する。

 マラドーナの伝説の“5人抜きゴール”をほうふつさせるドリブルだった。決勝点を決めたのは絶好調のFW横山。この日は前半32分から出場。トップ下に入り、大仕事をやってのけた。1―1の後半25分、敵陣左サイドでボールを受けた。相手4人に囲まれたが、小刻みなボールタッチで密集を抜け出し、5人目もかわしてペナルティーエリアに進入。タックルに来た6人目の鼻先で右足を振り抜き左隅に突き刺した。約10秒間で16タッチ。約25メートルの“6人抜きゴール”を完結させた。

 「1人かわして、2人抜き去ったときに、自分で行くしかないと思った。最後は決めるという自信があったので冷静だった」。まさに快進撃の立役者だ。1次リーグ初戦のスペイン戦での得点を皮切りに、今大会全5試合でゴールを決めて、得点ランク3位タイとなる6点目。大会前に吉田監督は「今回は特に傑出した選手がいるチームではない」と語っていたが、1メートル55のストライカーは大黒柱へ急成長。指揮官は「彼女はボールをキープしながら、ドリブルを生かして得点するという有効的なプレーをしてくれている」と称えた。

 FIFA主催の世界大会で日本が決勝へ進むのは、男子U-20代表の99年世界ユース選手権(現U―20W杯)、同A代表の01年コンフェデ杯に続いて3回目。どちらも準優勝で、初の世界一のチャンスだ。

 決勝で2点以上を取れば得点王の可能性もある横山は「決勝でもゴールを決めたい。自分のプレーでチームを引っ張り、絶対に優勝したい」と力強く宣言。昨年11月に行われたアジア予選のAFC・U-16女子選手権準決勝では0-1で敗れた韓国に決勝でリベンジして、若きなでしこが新たな歴史をつくる。


●木下広のツイッター
◎木下メルマガ「きのさんチーム3000」
◎木下公式HPはこちら
◎ご意見ご要望をお寄せ下さいtoskomei@a.toshima.ne.jp


スポンサーサイト



日々の出来事 | 11:06:38 | Trackback(0) | Comments(0)