FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
H26・04/21(月)石巻・くもりのち雨―石ノ森漫画館―名取市閖上の記憶
〈石巻視察〉石巻市は晴れ、午後から雨が降りだしました。
早朝宿泊先から徒歩で。北上川の川岸、住吉公園から石ノ森漫画博物館と日和山を望む。地盤沈下が著しいです。視察2日目、まず、豊島区トキワ荘で育った石ノ森先生の漫画館を視察しました http://t.co/F4kmCvNMrH

140421mangakan.jpg

10時から、石ノ森漫画館視察。3,11津波を間近で経験した大森館長さんから詳細な説明を頂きました。津波直後40名の方が、約4日間、漫画館で過ごされました。3階の喫茶店の食料を分け合い、同じく3階のマンガ本コーナーの沢山の本を読んで時間を過ごしました。また、即席の読み聞かせも行われたそうです。
トキワ荘の再現-地方に行って、トキワ荘の凄さを教えられます。石ノ森先生も非常に力を入れた模型です。
140421manga.jpg
時報になると天井から飛び出てくるカラクリ時計。石ノ森ワールドの代表選手が飛び出てきます。
140421tokiwa.jpg
その他、いろいろなしかけを大森館長さんから伺いました。
140421jetta.jpg
140421annnai.jpg
140421raida.jpg

まちなか復興マルシェでは、街づくりまんぼう西條社長さんから、被災から新たな市内の街づくりについてお話ししていただきました。マルシェの場所も土壌を盛って4倍近くの広さの再開発が計画されています。
140421marusye.jpg
震災で映画館が全て流され、まんぼうの提案で、石ノ森漫画館の白い外形を利用し建物全体の壁を利用した、屋外映画館は、無料で上映され、大人気を博しています。
140421saijyou.jpg

石巻市役所は3.11直前に駅前のデパート跡に引っ越していて、本庁舎の書類は大丈夫でした。笹野副市長と一年ぶりの再会を果たし、豊島区と石巻市の更なる交流の意見交換しました。総務省から副市長に就任。公明党のネットワークと行動力に大いに評価する言葉を頂きました。更に、今後の豊島区との様々な交流促進に努力していくことをお互いに確認しました。
140421sasanoshicyou.jpg

名取市閖上地区のボランティア語り部「閖上の記憶」小齊正義館長さんの案内で地域を回り、説明を伺いました。約5千世帯の集落に津波が襲い、行方不明・死者711名の被害。最初に、豊島区から派遣されている職員2名が来てくださり、ご挨拶しました。
140421yuriagecyuu.jpg
小齋館長さんから「全国のご支援のお蔭で、被災はしたが、避難民にはなっていない。全国の皆さまに感謝感謝しながらの日々」「ご恩返しを込めて、閖上の歴史を留め、被災の詳細を語ることによって、全国の人に災害に対する勉強となればと、みんなでこの館の運営をしている」と話されました。

この閖上地区はNHKでも放映されましたが、地震直後、想定されていた津波の高さ、6Mが10Mに変わった段階で、当時の避難場所である公民館から3階建ての閖上中学に少しずつ移動中に津波にのまれた方が多かったそうです。
140421yuriagecyugisei.jpg
当日閖上中学校は卒業式で、同中学校14名の犠牲者を追悼する祭壇で合掌しました。
140421kosaisann.jpg
その後、伊達正宗が作った堀、日和神社の高台から、周囲をぐると見わたし、先人が1千年前、4百年前、50年前の津波の被害を石碑に残して、警鐘を鳴らし続けていた日和神社の碑も拝見しました。
140421teizanbori.jpg
先人が残した、津波を警戒する石碑が現存しています。
1404211sekihi.jpg
小齋館長さんは、先人の教えを受け継いで、被害が最小限すんだ、大船渡の街と「万里の長城」の完成で、徐々に海べりに家を建てて生活を始め甚大な被害をうけた地域。の例を通しながら、「先人の言葉、過去に学ぶ」重要性を強調されました。



スポンサーサイト



日々の出来事 | 03:46:50 | Trackback(0) | Comments(0)