FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
17H29.11/27(月)晴れ-総務委員会
豊島区は晴れ。丸いプランターのサラダ大根の🌱芽がでてきました。大きくな~れ(^O^)✌️打ち合わせのため早めに登庁街頭は中止。区議会は総務委員会、区民厚生委員会です。
171127komatuna.jpg

豊島区議会総務委員会は高橋副委員長、中島議員が委員です。63号議案は区付属機関の報酬及び費用弁償の一部の改正。職員の育児休業に関する条例の一部の改正の2件の条例と陳情1本の審議を行います。
63号議案は子どもの権利委員会、家庭的な住まい方認定委員会、建物等適正管理審議会の具体的な委員会について各会派から意見が出されます。公明党が推進してきた子どもの権利条例が施行後11年経過。本来なら条例制定と一緒に委員会を立ち上げるべきところ当時の反発する者との政治的な判断で委員会設置は見送られてきた。
28年児童福祉法の改正で「児童の権利」の精神が明記され、区としてもやっとこの度権利委員会設置にこぎつける事ができた。という経緯があります。
自民党は相変わらず、子どもの権利条例がない自治体も沢山あり、条例自体に疑問を投げ掛け、挙げ句の果てには権利条例施行して11年も経って検証をしてないことは「怠慢」等反対を繰り返し発言。
検証は委員会で行うもの、その委員会設置を反対する方々がいたから検証もできなかったのは事実。区は子どもの権利条例基づいて、多区に先駆けた子どもの対策がとられてきた。
中島議員からも以上の点を指摘、子どもの権利委員会を立ち上げ更なる子どもの権利擁護の取り組みを主張しました。
総務委員会午後は、陳情の審議、愛知県東海市からの方からの防災対策等の内容。全会一致で不採択。委員から区外からの陳情について氏名住所明記等書式が整いれば受理し委員会付託してきましたが、除外規定には、個人を誹謗する、公序良俗に反する,などに加えて「区議会になじまない」項目もあることから、今後、正副幹事長会で附託について議論するよう要望がありました。

控室でHP一般質問・Iインターネット修正作業を精力的に実施。

171127IThakusyo.jpg
豊島区IT白書について、初の試み、区政施行85年経過してICT化が劇的に推進。今後の区政における区民サービス向上にしっかり進めていきたい。

●女子フィギュア宮原さんが優勝、坂本さんが2位。 https://t.co/XlBVWqpHVA 11-27 09:27


スポンサーサイト



日々の出来事 | 04:17:43 | Trackback(0) | Comments(0)