FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
9/22(火・祝)くもり
八ッ場ダム問題。国の意見交換会に地元側「不参加」

 前原国交相が建設中止の方針を変えずに、法的手続きは先送りするとしたことについて、長野原町の「水没関係5地区連合対策委員会」は21日夜、「我々の人権や民主主義を踏みにじる対応」として、23日の意見交換会には「中止方針を白紙に戻さない限り、参加しない」との結論で一致。ただ、話し合いを拒否しているわけではないとして、意見交換会には代表が出向き、「話をしたいが、中止ありきでは話ができない。話ができる下地を作ってほしい」と前原国交相に要請することを決定しました。当然の主張だと思います。数十年にわてって、国の意向により、運命を左右させてきた地元住民にとって、マニフェストに乗ったか、乗らなかったかで判断されてはたまったものではないと思います。
 川原湯温泉旅館組合長さん(44)は「マニフェストに載せたり載せなかったりしたのは、中止について真剣に考えていないとしか思えない。今回も選挙戦略でぽんと載せただけという印象。なぜ住民の意見を聞かずに決めたのか、マニフェスト策定のプロセスを明らかにすべきではないか」と言われるのも無理はないと思います。

本日山口代表以下公明党の調査団が現地を訪れ、関係者と意見交換します。
yanbdamu


*木下広公式サイト 
*きのちゃん「ITテキパキ通信」
*長橋けい一HP
◎公明新聞-最新ニュース
◎豊島公明区議団HP「SUNシャイン豊島」
スポンサーサイト





日々の出来事 | 07:47:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する