FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
8/12(土)晴れ‐愛知大学
愛知県七宝町「七宝焼きアートビレッジ」

愛知県七宝焼センター等見学、取材。歴史と文化を現代によみがえさせる取り組み☆
8/12愛知県尾張七宝町の「七宝アートビレッジ」を見学しました。歴史と文化を現代に息づく素晴らしい施設でした。
愛知県海部郡七宝町は、名古屋市の中心部から西へ約10㎞、愛知県海部郡の北東部に位置し、北は美和町、東は甚目寺町、大治町及び名古屋市、南は蟹江町、西は津島市と隣接し、南北約5.4㎞、東西約2.7㎞、面積約8.33k㎡の町です。
七宝町の七宝とは、仏典にある七つの宝物「金・銀・瑠璃・しゃこ・瑪瑙・真珠・まいえ」のことで七宝焼の美しさが七種の貴品に似て絢爛で高貴である所からこの名がつけられました。また、この地の人々が七宝焼に愛着を持っていたところから七宝村(七宝町)と名づけられました。 尾張七宝の創始者は、尾張国海東郡服部村の梶常吉(1803~1883)といわれています。 オランダ船が持ってきた一枚の七宝皿を得て研究しましたが、容易に会得できなかったので、破砕分析し銅胎植線施釉の構成を知り、それに近い精巧な七宝焼の制作に成功しました。 その技法が伝えてられて今日まできたそうです。
「七宝焼アートビレッジ」は、七宝焼ふれあい伝承館の導入ゾーン・・・七宝焼製品販売等・七宝焼製品などが買えるショップ、各種イベント等でご利用頂けるホール、ゆったりとくつろげるカフェ等があります。
◇作品展示ゾーン・・・七宝焼作品や製作道具等を体系的に展示(有料)
◇動態展示ゾーン・・・七宝焼の製作工程を見学できる施設
◇七宝焼体験ゾーン・・・七宝焼製作体験教室
に分かれています。
特に体験ゾーンでは、親子で体験できるように、仕事が終わった親と子の夜間七宝焼き体験が行われ、好評を博しています。
日本で有数の歴史・文化をしっかり継承し、現代の暮らしに生かす試みはたいしたもので、夜間のイベントを実施できる体制作りには感心しました。




七宝町の帰り道、テレビ塔、栄周辺地下街を見学し、母校の愛知大学車道校舎の新校舎を初めて見てきました、懐かし~い☆桜通りから細い路地を通り、昔の校門側には真新しい校舎が聳えたっていました。私が所属した、第3文明研究会が入っていた建物は全て新校舎に様変わり、しかし、学内座談会を開催した建物は現存しており、非常に懐かしかったです。
 又、在学中Ⅱ部生として、正社員で使って下さった、エザキ㈱の本社にもご挨拶に行ってこれました。昼間ガソリンスタンドで働き、夜、愛大で授業、の4年では本当に多くの事を勉強させていただきました。

愛大車道校舎。
装いも新たな愛大車道校舎060812

エザキ㈱本社前で
エザキ㈱さんの本社前で記念に


☆われ等が中日、マジック40点灯

☆きのちゃんHP「ITテキパキ通信」はこちら
スポンサーサイト



地元豊島区を離れて | 23:54:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する