■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
18H30.03/30(金)札幌.晴れ-LGBT・子ども権利条例の視察
早朝の雪に驚きましたが、すぐ青空が。9時から札幌市男女協同参画の廣川課長さんが、退職の日にもかかわらずジェンダ―フリー札幌市パートナーシップ制度、LGBTフレンドリー指標制度についてご説明頂きました。
日本の総人口のうち8%の方がLGBTとの現状があり、その方々の抱える困難を把握し行政としての対応を考えていく中で条例でなく、要綱として、パートナーシップ宣誓制度を策定されました。
先進7国―G7で同性カップルの権利が国レベルで認めていないのが日本だけ、海外では、CSR調査の人権項目に性的マイノリティ―が含まれ、日本の経団連も2017年、ダイバーシティとしての取り組みを発表。LGBTのかたへのちょっとした配慮、気配り、意識啓発が今後更に深めて行く必要があります。
アメリカ、ヨーロッパ等歴史的に長年多民族が共生する社会とどちらかと言えば、単一民族に近い日本とは少なからず環境が違っていますが、世界的なジェンダフリーの常識に、官民で取り組んで行く必要があります。
まずは、性的マイノリティの方の存在認識する事を社会全体で認めることが第一歩。
180330sapporolgbt.jpg
180330LGBT.jpg

札幌市の人口190万人―北海道人口の30%。市議会定数68。与党,民進党20。野党―自民党25。共産党8名。中立―公明党10名。
子ども権利条例は、政治的な判断が影響して、前上田市長は旧民主党系ということもあり、平成15年、19年当選後2度上程したが賛成少数で否決、子どもの権利についての市民の意識認識が不十分という理由で継続審査になり、3度目の正直で―子どもの最善の利益を実現するための―と文言を修正して公明党が賛成に回り、平成20年11月議会で可決し、翌年4月に施行されました。視察終了後に市議会公明党の控え室にうかがって福田浩太郎議員さんご挨拶しました。
180330kodomo.jpg

その後、札幌駅観光情報センターボランティア通訳案内など視察しました。

★人口の減少予測 https://t.co/ZCpvIcPUi9 03-30 19:42
厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は30日、2045年までの日本の地域別将来推計人口を発表した。
 一部都県は15年以降も人口が増え、東京や沖縄では30年にピークを迎えるが、同年より後は全ての都道府県で減少に転じる。45年時点では、東京を除く46道府県で15年人口を下回る計算だ。
 ただ、近年出生率が改善したため、全都道府県で人口が減少する時期は、前回推計(13年)では20年ごろとしていたが、今回は10年ほど遅くなった。
 推計は15年国勢調査結果を基に、人口の移動率などの仮定を当てはめ、5年刻みで都道府県、市区町村別に算出。45年時点の総人口は15年比16.3%減の1億642万1000人。全都道府県で65歳以上人口が3割を超える。

★喫煙後45分エレベーター禁止 https://t.co/uGspIsMtZd 03-30 19:13「たばこを吸った職員は45分間、エレベーターの利用を禁止」などの新たな受動喫煙対策を奈良県生駒市が来月から始めることになりました。
180330kinen45.jpg
スポンサーサイト


日々の出来事 | 04:18:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する