FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
18H30.7/18(水)猛暑-経済団体ヒアリング-広報作業
豊島区は連日の猛暑・酷暑です。午前中歯科診療。広報宣伝物の作業。午後は企業の方と意見交換、地域を回ります。今日の公明新聞に豊島区の街頭募金の記事が掲載されました。改めて被災地の皆さんにお見舞い申し上げます。
180718komei.jpg

岐阜県多治見市で40度超えの猛烈な暑さ。皆さんお気をつけ下さい。 https://t.co/iRfFS5IXlu 07-18 14:05

【参院6増が成立 来夏適用―公明党山口代表談話】
|自民党などが提出した参院定数を6増やす改正公職選挙法(参院先議)が18日、衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。今後、参院は11日の参院特別委員会で議決した公明提案の付帯決議を踏まえ、選挙制度の抜本改革へ議論を継続するとともに、参院の経費節減を進める。
改正公選法は、「1票の格差」是正へ、選挙区の「合区」を維持した上で、議員1人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を2(改選定数1)増。比例区は、定数を4(同2)増やし、政党ごとに当選順位をあらかじめ定める「特定枠」を設けた。来年夏の参院選から適用される。
参院選挙制度改革を巡っては、2015年改正の公選法の付則に、19年参院選までに「1票の格差」是正へ選挙制度の抜本的な見直しについて検討し、「必ず結論を得る」と明記されていることから、参院各会派で議論を重ねてきた。
改正公選法の成立を受け、公明党の山口那津男代表は18日夕、国会内で記者団に対し、公明党が賛成した理由について、「本来、定数を増やすことは極力避けなければならないが、『投票価値の平等』に近づけ、司法の厳しい判断を招かないという観点から、やむを得ない選択だった」と述べた。
その上で、付帯決議を踏まえ、参院の経費節減へ「積極的に議論し、参院全体の予算の中で節減の努力をあらゆる項目で検討すべきだ」と語った。

●大相撲は御嶽海が全勝が、栃煌山らが2敗で追走。遠藤、豪栄道も勝ち越し。中日はガルシアが1安打ピッチング。

スポンサーサイト


日々の出来事 | 04:22:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する