FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
19R1.9/7(土)西安市は晴れ-青龍寺-大雁塔-交流会-不夜城
西安は晴れ、30度を超える気温。空海が日本から渡来し修業した、桜の名所、「青龍寺」、三蔵法師・鳩摩羅什の「大雁塔」を視察して夜は西安市との交流会、その後、不夜城視察です。
【青龍寺】
空海は804年、長期留学僧の学問僧として唐に渡り最初は福建省に漂着して50日かけて長安に入城。青龍寺で恵果法師に真言密教について教えを請う。また苦労して中国仏教密宗文化を学び、漢学についても研鑚を積んだ。彼は博学で、造詣も深く、仏教、詩、詞、サンスクリット、書などについても成果をあげた。806年、多数の仏教経典や書籍を携えて帰国。奈良の東大寺で日本密宗真言宗を開きました。
*空海が四国香川県出身という事で、四国の関係者から沢山の桜が寄付され、春になると大勢の市民が花見に来られ憩いの場になっています。

【大雁塔】
午後は、大雁塔を視察。648年に大慈恩寺内に建立された、古都西安のシンボル。652年にインドから帰った三蔵法師の願いにより、境内に大雁塔を建て経典を保存することになった。サンスクリット経典の漢訳に従事した鳩摩羅什の経典も保存。
*豊島区では東アジア文化事業として8月に「シルクロード・西安と桜」の展示会を実施。大正大学さんから貴重な経典などを公開しました。八万宝蔵といわれる経典の翻訳、整理したものが3000年の時を経て庶民に息ずくまでには大勢の方の汗と努力があったことを感じました。

交流会は17時から西安市内のホテルで盛大に開催しました。
西安市副市長挨拶、西安市人民政府副市長 徐 明非
東アジア文化都市視察交流訪問団団長挨拶 豊島区長 高野 之夫
西安市観光PR動画上映
西安市観光・産業PR
工芸品プレゼント抽選会
演目披露(伝統楽器)
東アジア文化都市視察交流訪問団副団長挨拶 豊島区議会議長
乾杯 東アジア文化都市視察交流実行委員会委員長、視察訪問団団長
一般社団法人豊島区観光協会名誉会長 齊木 勝好
~歓談~
『アニメNEXT_100 』上映
謝辞  視察交流訪問団Aコース責任者 東京商工会議所豊島支部副会長 渡邉 裕之
閉会挨拶(中締め) 視察交流訪問団Bコース責任者 公益社団法人豊島区法人会会長 南山 幸弘

交流会後、不夜城を短時間で視察。周辺道路が大渋滞。
スポンサーサイト





日々の出来事 | 11:57:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する