FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
20.0R2.01/03(金・祝)晴れ-箱根駅伝復路
箱根駅伝、創価大学は9位‼️来年のシード獲得‼️おめでとうございます🎉😉❤️ https://t.co/gVdSXH1pwK 01-03 18:59

10区区間新記録で11位から2人抜きの嶋津選手はじめチームの皆さん、感動をありがとうございます。 https://t.co/eWtcC7Dp7V 01-03 14:17
200103hakoneshimazu.jpg

https://www.soka.ac.jp/topics/2020/01/4521/
1月3日(金)、第96回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)の復路5区間(神奈川・箱根町〜東京・大手町、109.6キロ)が行われ、創価大学駅伝部が総合第9位(往路7位、復路9位)の結果で、初めてシード権を獲得しました。また、10区を走った嶋津雄大選手(文・2年)が区間新記録を更新する見事な走りを見せました。

往路7位の創価大学は、往路1位の青山学院大学の6分18秒後に復路をスタートしました。6区の葛西潤選手(文・1年)は、標高差840mの山下りを足の痛みに耐えながら走り抜きました。続く7区の右田綺羅選手(経営・3年)は、支えてくれたチームメイトへの感謝を胸に粘りの走りを見せ、11位で平塚中継所に入りました。10位中央学院大学を37秒差で追いかける展開で襷を受けた鈴木大海選手(経営・3年)が、一時は追い抜く走りを見せるなど、その差を7秒に縮めました。9区の石津佳晃選手(文・3年)も鈴木選手の勢いに続き、落ち着いた走りで戸塚~鶴見間を走り抜き、10区の嶋津選手に襷を繋ぎました。
嶋津選手は序盤から攻めの走りで、55秒あった中央学院大学との差を詰め、9.5キロ地点で追い抜き、シード権圏内の10位に浮上。その後もペースは衰えず、東洋大学の選手もかわし、区間新記録を大幅に更新する1時間8分40秒で、チーム9位の結果をもたらしました。
創価大学駅伝部はチーム一丸で襷を繋ぎ、往復217.1キロを走り抜くとともに、総合成績10時間58分17秒と前回出場時(第93回大会)の11時間20分37秒を大幅に上回る記録となりました。
2001031-souka2.jpg

榎木和貴監督は応援に集まった皆様の前で、「2日間にわたり朝早くからの応援ありがとうございました。往路では1区の米満が最高の流れをつくり、その後の選手も粘りの走りで襷を繋いでくれました。復路では一時はシード権圏外になりましたが、皆が力を出しきり、最後の嶋津が堂々とした走りで順位を押し上げ皆でシード権を獲得できました。選手の箱根への強い気持ちが今回の結果に繋がったと思います。支えてくださった皆様に心から感謝申しあげます」と力強く挨拶しました。
戦いを終えた築舘陽介主将は、「目標としていた9位でシード権獲得ができました。米満選手の1区区間賞から始まり、10区嶋津選手の素晴らしい区間新の走りで目標達成できました。走った10人の頑張りだけでなく、サポートしてくれたメンバーや応援してくださった皆様の力のおかげで達成できました」と感謝を述べました。
田代康則理事長は、「目標のシード権の獲得、本当におめでとうございます。選手をはじめスタッフ、マネージャーと支えてくださった皆様に心から感謝申しあげます。また、寒い中、沿道から力強い応援を送ってくださり本当にありがとうございました」と感謝を述べました。
スポンサーサイト





日々の出来事 | 04:20:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する