FC2ブログ
 
■プロフィール

きのちゃん

Author:きのちゃん
きのちゃんブログへようこそ!東京は豊島区の区議会議員の木下 広です。1960-S35年、三重県松阪市生まれです。平成7年豊島区議会議員に初当選しました。http://hiroshi-kinoshita.com/にて私のHPを公開しています。
Twitter https://twitter.com/kinosan007
FaceBook http://www.facebook.com/kinoshitahiroshi007

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新記事
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2/3(金)晴☆区精神障害者作業所
午前中、PTA仲間から医療行政についての陳情あり、肺気腫などの肺機能検査はできないか?とこと。検診と医療行為の線引きをどうするか?などまだまだ課題は多いですが、そういうニーズがあることを充分頭に入れた上で取り組んでいきたいと思います。
豊島区精神障害者作業所連合会主催の第11回文化交流会に参加しました。東京芸術大学ピアノ科南木さんの美しい演奏ではじまった交流会は、第2部では、作業所アトラクションが行われ、多くの障害を持つ方やボランティアの皆さんによる出し物に、場内から盛んな拍手が送られました。
☆昨日のふくろ祭りで懇談していただいた御礼状作り、送付。遠いところからありがとうございました。

息子の自動車学校入学続きで練馬区谷原までスクールバスで行きました。終了後、役所に戻り「子ども権利条例」制定に反対する町会長が『Fというオウム事件を擁護する人間が、創価学会の人権に関する書籍の監修をやっている。公明党が子ども権利条例の制定に積極的に取り組んでいるが、犯罪集団を守る発言をする人間の意見ばかりを取り上げるのはおかしい』との発言に高橋議員と事実関係の調査。
 全く、反論するのもばかげた内容。Fさんは「オウム事件の犯罪は司法の手で粛々と裁判が行われている。犯罪者は法で裁かれる。犯罪と無関係の一般信者は一個の基本的人権があるのは当然」。といったまでで、オウムを擁護するという表現自体が為にする言葉で悪意そのものである。いろんな人間がこの豊島区にいるものです。外国から『人権に対する取り組みが遅れている』と批判されるのも無理はないか・・・・

この「子ども権利条例」は区議会第1回定例会に上程され粛々と審議されますので、皆様楽しみに見ていてください。
区民相談。国民健康保険の件で職員にアドバイスを頂く。
 夜、「とみの会」創立30周年式典・総会で懐かしい方と懇談できました。「きのちゃんブログ見ているよ!」となによりも嬉しい激励を頂きました。
※帰宅後、区民相談の件で回りの先輩、関係者に現状を説明し、何か打つ手はないか相談。いまのところ厳しい・・・・・・
☆ ☆ ☆ 

★きのちゃんHP「ITテキパキ通信」はこちら
スポンサーサイト





各種行事 | 14:24:08 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
息子は高校の先輩と後輩だよね
さすがですね!!
UPが早い(* ̄m ̄)
たまには元のメンバーで仕事も役職も抜きでゆっくり飲みたいと
皆さん思っています♪
2006-02-04 土 00:57:39 | URL | ピ~連 ネット担当 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する